デリケートゾーンのお悩み

ゴールデンウィーク以降、秋頃までの間、避けて通れない問題の一つが、「ニオイ問題」です。

足、ワキなども気になりますが、やはりもっとも悩ましいのがデリケートゾーンですよね。

男性に対してというのもありますが、同性に対しても、近くにいるだけで「わたし、匂ってるんじゃない?」と思うだけで気が休まりませんよね。

でも、安心してください。
便利なアイテムも登場していますし、原因がわかれば、対処も予防もできます。

ということで、何よりも大事なのは、そのニオイの原因を知ることです。

基本的に、デリケートゾーンがにおう原因、かゆくなる原因は、すそわきが膣内の環境悪化病気と性感染症の4つです。

では、それぞれのケースについて見ていきましょう。

汗が原因になっている場合

まず、そもそも汗には、体温調整のためにエクリン腺という汗腺から分泌される汗と、緊張や興奮といった精神状態が影響してアポクリン腺から分泌される汗の2つがあります。

エクリン腺は全身にあり、成分の99%が水(残りの1%は塩分や尿素アンモニア等)のため、ここから出る汗はサラっとしており、ほとんど臭いません。

一方、アポクリン腺が出る汗は、タンパク質、脂質、アンモニア、鉄分、糖質を含み、白っぽい色をしており粘り気があるのが特徴です。

このアポクリン腺が出る汗が、雑菌や皮脂と混ざり、常在菌により分解されるときに臭くなるのです。

そして、アポクリン腺が多く存在するのが、外耳道、脇の下、おへそ、デリケートゾーンというわけです。

では、デリケートゾーンの汗と、その汗が発する臭いをどう抑えればいいのでしょうか?
illust1_01_w600

薬用のデオドラントクリームを使う

汗がにおいの原因になっているので、汗を抑える(制汗)効果と、においを防ぐ(防臭)効果があるデオドラントクリームを使いましょう。

そして、医薬品ほどの強い成分は入っていないものの、厚生労働省の認可を受けている薬用(=医薬部外品)の製品のほうが一般的に効果が期待できます。

デリケートゾーン専用のソープや石鹸を使う

「デリケートゾーンをしっかりと洗って臭わないようしたい!」と思うのはみな同じです。

ただし、敏感なエリアなので、殺菌成分・抗菌成分を含みつつも、低刺激な、専用のソープや石鹸を使いましょう。

その一例を紹介すると
アンティーム
アンティーム フェミニンウォッシュ

オーガニック認証を取得しているサンルイ・インターナッショナルの製品。抗菌作用を持つローズマリーやラベンダーの成分がニオイを撃退する一方で、(一般的なボディソープのようなアルカリ性ではなく)刺激の少ない弱酸性のため、肌本来がもっている常在菌やうるおいをキープしてくれます。

肌に優しくムレにくいナプキンを使う

ムレは臭いの原因となります。

薄くて通気性のいいナプキンを使うように心がけましょう。

また、デリケートゾーンに触れる部分が優しい素材のものを選べば、かぶれ対策にもなります。

その一例を紹介すると
ロリエスリムガード
ロリエ スリムガード スイートローズの香り

言わずとしれた花王のベストセラー「ロリエ」シリーズの一つ。通気性が良いだけでなく、いい香りで不快感を吹っ飛ばしてくれます。

すそわきがが原因の場合

「すそわきが」とは、陰部のわきがのことで、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗の匂いが著しく強い状態をいいます。

程度の差こそあれ、「汗」がもとの原因であることに違いはないので、上の項目と対処法は同じです。

ただし、匂いが著しく強い場合は、以下のものが原因になっているかもしれないので、婦人科にかかってみることをお勧めします。

おりもの異常による膣内環境の悪化が原因の場合

通常、膣内は「おりもの」の自浄作用で弱酸性に保たれているため、雑菌が繁殖しにくい環境にあります。
また、膣の外から雑菌が中に入りこむのを防ぐ作用もあり、デリケートゾーンの中は清潔に保たれ、強いニオイもしないものです。

だけど、「おりもの」に異常がでてしまうと、この自浄作用が低下し、膣内に雑菌が繁殖して、デリケートゾーンが臭くなる原因になります。
放置してしまうと、細菌性膣炎を発症する可能性もあるので注意が必要です。

おりもの異常が起こる原因はいくつかあります。

女性ホルモンが乱れている

ストレスや体調不良、食生活の乱れにより女性ホルモンが乱れると、善玉菌であるデーデルライン桿菌が減少し、膣内に菌が繁殖して臭いの原因になります。
最近の生活に問題はありませんか??

抗生物質を服用している

抗生物質を含む風邪薬や痛み止めなどを服用することで、善玉菌が殺菌され、デリケートゾーンのニオイの元になることがあります。

デリケートゾーンのケア方法が間違っている

デリケートゾーンを洗浄力の強いアルカリ性のボディソープで洗ってしまうと、善玉菌も一緒に洗い流されてしまい、悪玉菌が増加しニオイの原因になるケースもあります。

上でも書いた通り、ニオイがちょっとでも気になるようだったら、低刺激な専用のソープや石鹸を使いましょう。

性感染症(性病)やその他の病気が原因の場合

ニオイが強い場合、またニオイに加えて、かゆみ、出血、痛みなどのトラブルを伴う場合は、なんらかの病気の可能性もあるので、婦人科系の専門医の診察を受けましょう。

なお、性病の場合は、チーズや納豆のような腐ったニオイを発するのが特徴です。

以下、可能性がある病気と性病の代表的なものです。

  • 性病(性感染症):カンジダ膣炎、淋病、細菌性膣炎、トリコモナス、クラミジア
  • その他の病気:子宮頸がん、子宮内膜症(子宮内膜炎)

まとめ

まずは、できることから自分でしっかりケアして、それでもダメな時は、早く婦人科系のクリニックに行くようにしましょう。

自己判断で病気を見逃してしまう可能性もあるので、”かゆい”、”おりものがいつもと違う”などの些細な内容でも気になっていることがあれば、相談に行ってみてください。

お医者さんの「大丈夫」という言葉で、一気に心は軽くなりますよ!